【初心者】格安!初めての手動コーヒーミル お小遣い 1万5000円生活。

 趣味としてコーヒーを自分の手で挽いてみたい!と思いYouTubeなどを見ながら、何が必要なのかを調べて集めることにしました。

 でも、始めたばかりで、高額なものに手を出すのはなかなか気が引けてしまうものです。飽きてしまって使わなくなってしまったらもったいないです。

 なので、いつも初めてのことを始める時は安いものから手を出していくようにしています。でも、現在、ハマっている釣りも初めは安いものを購入し、質の良いものの良さを味わってしまい高価なものを集めるようになってしまいましたが(笑)

 

 自分のハマり具合がどこまで続くかわからないため、格安で買った最近の商品を紹介したいと思います。

  今回紹介するコーヒーミルはコーヒーを淹れる時には必ず必要なものではありません。お店などで購入するときに、事前に砕いてもらうことができるので。自分は、動画を見て『やってみたい!!』と思い買っています。(笑)

★楽天ランキング1位★ 手挽きコーヒーミル コーヒーミル コーヒー本来の風味 一回約15~20g 粗挽き 細挽き 調整可能 コンパクトサイズ アウトドア キャンプ

価格:1,680円
(2022/2/10 16:03時点)
感想(7件)

手動コーヒーミル 値段

 手動のコーヒーミルの相場としては安いもので500円から高いもので10000円以上するものまであります。一番安いものは、DAISOさんで買えるみたいです。自分が何件か見たDAISOさんにはありませんでした。泣

 電動ミル コーヒーグラインダーになるともう少し値段が高くなってきますが、

『疲れる。』 『時間がもったいない!』という人や毎日コーヒーを飲む人には魅力的なものです。

商品紹介

 ↑使用感がありすみません

 上の部分がメタリックで下のコーヒー豆が落ちてくる部分がプラスチックで透明になっているのでどれくらい粉砕されたかがわかります。

 見た目もシンプルなのでインテリアとして置いてもいい感じです。

 ハンドル部分を開けコーヒー豆15g入れるとこんな感じです。20g入れてギリギリ閉まるくらいです。いつも1人で1杯飲むときにはこのように豆をセットしています。

 

 本体の底部にあるダイヤルを回すことによって粗びき、細引きの調節を行うことができます。

 

 いつも15gを挽くときは5分くらいハンドルを回しています。(結構疲れます)

 どんなものでもメンテナンスは必要だと思いますが、コーヒーミルも一週間に一度程度、小さなブラシなどでの手入れが必要だそうです。

気になるところ

1.ハンドル

 回すときに掴むハンドルについて気になる点が二つありました。

 一つ目は、回している途中にハンドル部が接触して少し嫌な音がすることです。油など注せば軽減するのかな?

 二つ目は、ハンドルのノブが少し小さい点です。ノブが小さいためつまんでハンドルを回さなくてはならないため力が入れにくいです。

調べてみると、ノブがもう少し大きくて素材がゴムの物もありました。

2.静電気

 コーヒー豆を粉砕し終わってドリップしようとしたときに静電気が起きてきれいに容器から落ちないことがあります。これは、きっとしょうがない点ではあると思いますがいつも乾いたスプーンでこびりついたものを取り除いています。

3.蓋が外れる

  購入時は全くなかったのですが、使用して一週間くらいたった時からいつも通り豆を入れてハンドルを回していると、豆を入れるふたの部分も一緒に回りだして外れるという現象が起きるようになりました。

 そのため今では、指で押さえながらハンドルを回しています。自分の回し方が激しすぎたのか謎ですが、格安な物のため使用には気を付けないといけないようです!

まとめ

 結局、買ってどうだったのかというと…

 正直買ってよかったと思います。やはり、はじめは安いものを購入して見てもっといいものが欲しくなって違いを感じていい、悪いを感じていくものだと思います。

 安いだけあって10年使い続けても大丈夫!とは胸を張って言えないかもしれませんが、使用する人の使い方や手入れ次第では使えるかもしれません。

 まだコーヒーについてまだ浅いため、挽き方によっての味の変化などまだ感じられていないのですが現状このミルを使用してコーヒーをおいしく飲んでいます。

 今、考えているのは、少しいいコーヒーグラインダーを購入して、今回紹介したコーヒーミルはキャンプ持っていくようにしようと考えているため全く後悔などはありません。

最後に…

 コロナの影響で外出がなかなかしにくくなっている中、家でおいしいコーヒーを淹れたいと思っている人たちが増えていますが、自分もこんなに道具を真剣に集めようなんて思うとは思ってもいませんでした。

 これからチャレンジしてみたい!と思っている人に少しでも手助けになったらなと思います。。

にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント