自宅待機になりました。最近読み終わった本の紹介『2025年人は「買い物」をしなくなる』

皆さんこんばんは。

今日、いろいろとあり自宅待機になってしましました。。

どれだけ気を付けていても、福祉の仕事をしていると

ウイルスの拡大にはかなわないです。

自分は元気でぴんぴんしているので

今できることを頑張りたいなと。

午後に上司から

『帰りなさい!』との命令が来ました。

すぐに妻に電話をするとすぐに自分が過ごす部屋を作ってくれました。

ほんとに神様。

とりあえず1日、2日くらいなので

軽く支給品を紹介します。

今日はかつ丼を食べます。

これらを食べてしのぎたいと思います。

赤ちゃんがいてとても心配ですが

幸い、二階建てなので

1階と2階で別居をすることにしました。

2階の子ども部屋で過ごすのですが、

ゲーム、PC、着替え、歯磨き、ゴミ箱、マスクなどなど

必要なものがすべて備わっていました。

本当にすごい。足りないものがない状態。

トイレもそれぞれであるためひとまず安心です。

でも、愛するわが子を抱っこできない寂しさはとてつもなくありますね。。

今すぐにでも抱きしめたいです。

子どもが家にいるとやはり、考えかた、生活などなど変わっていくものですね。

子どもができて将来の不安がとても強くなりました。

大学に行くためのお金など考える前に今のままで生活が

成り立っていくのか?と考え、最近は積み立てNISAなど投資信託に興味を

持つようになってきました。

また、子どもがいなかったら絶対にコロナ渦の中でもバンバン旅行に

言っていたと思いますが、最近では、なるべく外出しないように

休日はお家で楽しめることをしたり。

仕事から帰ってくると、自分の時間がほとんどない状態ですがすごく充実している感じが

しています。子どもを産む前は、子どもができたら趣味ができなくなる、

疲れる、など思っていましたが小さな幸せがたくさんあるように感じる毎日です。

早くコロナが収束してくれれば、、いいですね。。

少し寂しいですがゆっくり過ごしたいと思います。

↓読み終わった本。

2025年、人は「買い物」をしなくなる 次の10年を変えるデジタルシェルフの衝撃 [ 望月智之 ]

価格:1,628円
(2021/9/15 18:32時点)
感想(5件)

2025年、人は「買い物」をしなくなる 望月 智之著 

昨日読み終わりました。

予言の書みたいな感じです。最近の買い物がどんどんネットになってきているのを自分も感じています。スーパーに行くのも怖いので”イオンネットスーパー”などで頼んでうちまで運んでもらったり、服や靴、自分は趣味の釣り具などはほとんど楽天などで頼むことが多くなってきています。

 楽だし、手軽に頼めるのも魅力的です。そして、最近テレビを見る機会も減ってきて自分の中でテレビのCMの影響力なども薄れて、インスタやYouTubeなどの影響を受けて購買欲が増しているなと感じました。今後、そうなっていくとどうなっていくのか?などの考察が記されている本でした。

とても面白かったし、世界での取り組みなども知ることができました。

コメント